かさぼぅ 気ままな趣味ブログ

好きなこと・好きなものを、気ままにアップします

新潟ご当地グルメ:新潟カラー焼きそば④(上越:ホワイト焼きそば)

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。

ついに我らが新潟にも、マンボウ来訪の危機です。

 

エッセンシャルワーカーの皆様方に感謝しつつ、私が愛してやまない「飲食業」・「旅行業」・「宿泊/温泉業」・「旅客/運輸業」はじめ、長期化するコロナ禍で踏ん張っておられる皆様を心から応援し、事態が落ち着いた矢先には、必ずや多大に活用させていただくことをお約束いたします。かさぼぅです。(←所信表明演説か?w

 

さて、新潟ご当地グルメ紹介で昨年末から連載しておりました「新潟カラー焼きそば」シリーズも、ついに最終回となる4回目を迎えました!!

 

 

www.kasabow.com

 

www.kasabow.com

 

www.kasabow.com

 

さてひとまず、今までご紹介して来た「カラー焼きそば」のおさらいです。

 ①ブラック焼きそば(糸魚川

 ②レッド焼きそば (妙高市

 ③グリーン焼きそば(魚沼市

 

そして、最終回を飾る今回は・・・。

 

f:id:kasabow:20220121221450j:plain

JR&えちごトキめき鉄道の「直江津駅」から徒歩5分程の場所にあります。

「鳥まん」さんに来ました。

夜の「居酒屋営業」の方が個人的にはオススメなのですが、ランチ営業もされています。

 

f:id:kasabow:20220121221718j:plain

店頭のディスプレイに掲載しているポップが、もう興味をそそりまくりです。(w

あ、この中に今回の答えがありますね!(笑

 

ではでは早速入店しましょう。

f:id:kasabow:20220121222408j:plain

そうです。「新潟カラー焼きそば」のトリを務めるのはこちら!

 

f:id:kasabow:20220121222548j:plain

じゃじゃーん!

「ホワイト焼きそば」✨

 

上のメニューにも記載されている通り、麺は地元「コシヒカリ米粉」を配合。そしてお約束の「地場産野菜」で作られています。

麵もホワイトなのですが、その上にトッピングされている「山芋」のトロロで、さらにホワイト感を増すニクイ演出がなされています。

 

f:id:kasabow:20220121223243j:plain

プリっぷりの海老は当然「背ワタ抜き」されていますし、沢山の野菜と魚介の全てがとても美しい彩りで、見た目で食欲を増幅させてくれます!👍✨

 

 

f:id:kasabow:20220121223727j:plain

拙者、接写でござる! ・・・💧

 

取り敢えずマスクを外し、「いただきます」のポーズでホワイト焼きそばと対峙すれば、早速香ばしい香りが一瞬で鼻から脳に伝わり、至福の瞬間です。

そして、決して名前負けしていない麺は、本当に「ホワイト焼きそば」ですね!

 

f:id:kasabow:20220121224204j:plain

いざ、実食!!

 

うー、かさぼぅには量が多いなぁ。💦

緑黄色社会「緑黄色野菜」と「魚介」が好きな方であれば、間違えない逸品です!

(あと、山芋が苦手でないことが大前提w)

 

f:id:kasabow:20220121224741j:plain

はい、ごちそうさまでした!

 

えー、新潟カラー焼きそばシリーズも最終回ですので、最後に皆様に2つお聞きしたいと思います。

①皆さんが一番食べてみたいと思った「カラー焼きそば」は、どれ?

②かさぼぅが一番気に入った「カラー焼きそば」は、どれ?

 

これも、直感でお願いしますねぇ~。(笑

 

それでは、本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。🍜✨

 

♭フラっと酒場(今日の逸品)

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。
突然ですが、自分のパフォーマンスを下げるヤツって嫌ですよね。かさぼぅです。

えーい、飲まずにやってられっかってんでぇ~!(笑

てなわけで新潟の天気と同じく荒れスサんでいるかさぼぅですが、やっと目覚めた今年初のブログ投稿は、まぁこのカテゴリが妥当でしょうね。(w

 

えー、新潟には割とメジャーな有人島佐渡島(さどがしま)」があります。
大自然に恵まれ、飲食物においても全てが美味しいのですが、そんな中でもひょっとしたら県民しか知らないのではないかと思われる名物があります。(←もしかしたら県民でさえ知らん人が多いのかも・・・💧

 

そんな名物がこれ!

f:id:kasabow:20220116172645j:plain

じゃじゃーん!

その名も「いかとっくり」!

え、、、とっくりってあの「徳利」?

 

そうなんです、あのお酒を入れるとっくりなんです。

 

f:id:kasabow:20220116172850j:plain

仕様とスペックについては、添付のコメントにお任せしましょう。(笑

 

f:id:kasabow:20220116173010j:plain

こちらは、Howtoですね。

 

f:id:kasabow:20220116173125j:plain

袋から出すとこんな感じですが、これではお酒を入れて立てられないので・・・。

 

f:id:kasabow:20220116173354j:plain

こんな感じにコップなどに入れて立て掛けます。

ちなみに、今回このとっくりに入れるお酒は、これまた佐渡では古くからメージャーなお酒である「北雪」をチョイス!

この「北雪」にも、「大吟醸」から、いわゆる昔で言う「二級酒」まで幅広い種類のお酒がありますが、これはもう一番安いタイプのヤツです。

でもこれが、このとっくりにはオススメなのです。

 

f:id:kasabow:20220116173957j:plain

早速、お燗した酒をいかとっくりに注ぎ、数分放置します。(w

(この放置が重要なのです)

 

f:id:kasabow:20220116174140j:plain

あ、そうそう、このいかとっくりにはイカゲソ」もオマケで付いてくるので、炙っておきましょう!

 

f:id:kasabow:20220116174258j:plain

さて、放置したとっくりと炙ったゲソで、いい匂いになてきました。

ではでは、お猪口に注いでみましょう!

 

お~、なかなか良い香り。

一言で表現するなら、イカ臭いw」! ・・・・( ̄▽ ̄;

あ、そうではなくて、リアルなイカ臭い(←なんのフォローにもなっていない

 

f:id:kasabow:20220116174645j:plain

そうそう、炙ったゲソを入れると更に風味が増すって書いてあったな。

てなわけで、早速ゲソも投入!!

 

f:id:kasabow:20220116174804j:plain

うぉぉぉ!!

更に、イカ○い!!www

 

表現が少し分かり難いかもしれませんが、カニの甲羅酒」を飲んだことがある方なら、なんとなくそんな雰囲気です。

甲殻類の中身の生臭さと旨味がエキスとなり、お酒に溶け込んでいる感じなのです。

 

まぁ、この手のものは好き嫌いがハッキリしそうですが、正月は「甲羅酒」がお約束のかさぼぅとしては、これはとてもナイスなお酒でした。(^_^)v

 

f:id:kasabow:20220116175206j:plain

そして、なにより素晴らしいのは、おまけのゲソが「アテになったり出汁になったり」ってものあるのですが、この「いかとっくり」本体も食べることが出来ますので、最終的にはコイツも切り刻んで炙ってアテとして再生する、SDGsのお手本?のようなとっくりなのでした!

 

はい、てな訳で、今回の「♪フラッっと酒場」は、佐渡の「いかとっくり」でした。

皆さんも、、もし機会があればお試し下さいね~。🌶✨

(魚介系の香りが苦手じゃない方は・・・笑)


ではでは、本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。🍖🍺✨

【野鳥】No.14 新潟の野鳥(大取り・・・鳥だけに)

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。

任侠野鳥の会新潟支部周辺は、すっかり雪景色になってしまい、また春が来るまでは「白鳥・鴨・オオバン」の写真がメインになりそうな、かさぼぅです。

 

野鳥シリーズもやっと14回目ですね。

さて、周りが雪景色になるちょっとだけ前に、ギリギリ撮影に行けるタイミングがあったので、今回はその時の写真を・・・。

 

では、早速!

f:id:kasabow:20211230100559j:plain

シジュウカラ

新潟支部では毎度お馴染みのシジュウカラですね。

冬に備えて、次から次へと木を渡り歩き、身体に栄養を蓄えて行きます。

 

f:id:kasabow:20211230100714j:plain

シジュウカラ

こちらも同じシジュウカラなのですが、下から見上げると身体の大きさが倍位に見えます。人間で言うと「着ぶくれ」みたいですが、小鳥などは寒い時期になるとこのように羽を膨らませて身体を温めるのだそうです。

 

そのまま上を見上げていたら・・・。

f:id:kasabow:20211230100914j:plain

お、なんか飛んでますね!

f:id:kasabow:20211230101012j:plain

おーっと、こっちに向かって降りて来たぞ!!

 

f:id:kasabow:20211230101035j:plain

アオサギ

なんと、近くで着地しました。

アオサギですね。

 

f:id:kasabow:20211230101144j:plain

アオサギも、冬に備えて栄誉補給でしょうか。

池の中を歩きながら、獲物を探しています。

 

f:id:kasabow:20211230101231j:plain

「ん? なんか今すごい勢いで目の前を通過していったヤツがいたな。」

 

そして、アオサギの視線の先に目を向けたら・・・・。

 

な・な・なんと!!!

f:id:kasabow:20211230101416j:plain

幸せの青い鳥

キタ――(゚∀゚)――!!

やべぇ、「生カワセミ初めて見た。めっちゃ緊張する!!(ドキドキ)

 

f:id:kasabow:20211230101416j:plain

 

うーん、遠い上に木の枝が被ってるなぁ。

でも、このレンズじゃなかったら肉眼では絶対に見つけることができなかった。そう考えれば、発見できただけでも嬉しくてたまりません。

 

今年、近隣のメジャーな撮影ポイントで、他のカメラマン達と雑談している時も、「今年はカワセミ全然みないんだよねぇ」って、皆さんが言われていただけに、まさか年末のこの時期に出逢えるとは思ってもおらず、寒い中カメラ抱えて出てきて大正解でした!(≧◇≦)

 

f:id:kasabow:20211230102023j:plain

「あ、またどっか飛んでった。 せわしいやっちゃなぁ。」

 

さて、私も少し場所を変えてみましょう。

 

うーん。葦森の中で一部めっちゃ騒音を発している場所があるなぁ。

f:id:kasabow:20211230102258j:plain

スズメ

物凄いスズメの大群です。

体感的に、80dBくらいのイメージかな。(w

こんな大群も、至近で見たのは初めてかもしれない。

 

f:id:kasabow:20211230102833j:plain

あ、目が合った。 (〃▽〃)

スズメ達も、雪が降る前にしきりに何かを食べ続けていますね。

 

f:id:kasabow:20211230103012j:plain

カルガモ

鴨の中では地味な感じなのですが、内側の羽の一部の青や緑の羽がすごーくキレイで、いつも目を奪われてしまいます。

 

さて、再び最初の場所に元って見ましょう・・・。

って!

 

f:id:kasabow:20211230103329j:plain

うわー、カワセミが戻って来てる!!

うーん、きれいな羽だなぁ。

顔かわいい。(笑

身体の割にくちばしがナゲーなぁ。

 

いや~、しかしもう12月でしたので年内に会えると思っていなかっただけに、感動もひとしおです。(TT

PONY会長のおかげで、野鳥撮影を初めてみて本当に良かった!

pony3.hateblo.jp

 

来年も、新しい野鳥を発見して撮りたいなぁ。。。

 

はい、そんな訳で、今年の「鳥のおおとり」でした。(w💦

 

皆様、今年も大変お疲れ様でした。

また、不定期投稿のかさぼぅのブログに、いつも遊びに来ていただき、ありがとうございました。

来年も皆様にとって良い年でありますよ、お祈りしております。

 

ではでは皆さま、よいお年を!

 

f:id:kasabow:20211230104450j:plain

オマケ・・・哀愁漂う背中に、ストールのようなキレイな飾り羽

 

鉄道アーカイブ 特急いなほ(E653系)

🚋 鉄 道 ア ー カ イ ブ 🚋

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。
纏まった休みがあると「電車旅」をしたくてうずうずしてしまいます。かさぼぅです。

まぁ長期化するこんなご時世ですが、ワクチン接種もとうに済んでいますので、感染対策をキチンとていれば一人旅くらいはOKですよね!(←もはや行きたくて仕方ないw


さて、本日の鉄道アーカイブは、新潟県内にて現役活躍中の特急いなほにスポットを当ててみましょう。

以前も、地元の「特急しらゆき」を記事にしましたが、車両的には兄弟分のヤツです。

www.kasabow.com

 

特急いなほ」で使用している(E653系)も、新潟お得意の「中古車両」でして、元々は関東の「特急フレッシュひたち」として活躍していた車両です。

 

ちなみに、系統番号の先頭にEがついてるやつは、JR東日本になってから製造した車両です。(←Eastの【E】ですね。

なので、同じ形をした新幹線のE7系は、JR西日本(金沢側)で製造・管理している車両はW7系という名前になります。(←そうですWest【W】です。

ついでの豆知識で、「JRグループカラー」はJR東が緑JR西が青です。(←駅名標などを見ると、そのJRグループのカラーが分かります。w

 

すみません。脱線してしまいました・・。💦

えー、現在の「特急いなほ」の運行区間「新潟~酒田」間と「新潟~秋田」間となっており、かつての「急行鳥海」や「特急白鳥」の後継的役割を担っているのですが、新潟以北の日本海側の鉄道事情は、次第に寂しくなって行くばかりです。

あ、それを言ったら、長野・北陸方面の在来線はJRですらなくなってしまったので、新幹線を使わない移動はもはや無理ゲーになってしまいましたが・・・・。)

 

で、そんな「特急いなほ」はこちら!

f:id:kasabow:20211229182843j:plain

まぁ、分かる方が見れば、この色が真白ならフレッシュひたちですね。(笑

実はこの写真、だいぶ昔に撮ったものですので、現在高架工事中の新潟駅ではすでに消滅してしまった「地上2番ホーム」なのです。その意味では、とても価値のある写真ですね。(w

 

f:id:kasabow:20211229183622j:plain

そしてこれが現在工事中の新高架ホームです。

で、この色は・・・?。

はい、特急「いなほ」が走る羽越本線沿線の海岸線に自生するハマナスをイメージしたもののようで、言わば特別色の編成です。(笑

 

実はこの「特別色」にはもう1編成あります。

残念ながら写真は撮れていないのすが、「瑠璃色」のヤツです。(群青っぽい感じ)

ちなみに「瑠璃色のいなほ」は「透明感に加え幻想的な深海色とし、あわせて海に映り込む空の青さ、沿線の山並みの緑を取り込んだカラーリング」とのこと。

 

うーん。かさぼぅの「笹川流れ」のイメージはエメラルド系なので、瑠璃路ってピンとこないなぁ。日本海側はそんなに青い空が映る海のイメージじゃないし・・・。(←あ、個人的な感想は放置で・・・w

 

f:id:kasabow:20211229184515j:plain

まぁ折角ですので、ついに引退してしまったオール二階建て新幹線の「Maxとき号」とのツーショットも載せておきましょうか。(笑

このツーショットのホームだけ、在来線から新幹線に直接乗り換えることができる専用改札があるので、東北方面と東京方面を通しで移動される方には、ずいぶん便利になったと思います。

 

f:id:kasabow:20211229184902j:plain

再び、オリジナル色(基本色)の「いなほ」です。

 

新潟起点の在来線特急としては、令和になっても異例の「7両編成」なのであります。

折角の長編成ですので、全体像を見てみましょう!(w

 

f:id:kasabow:20211229185114j:plain

これたしか、去年の夏に撮ったものです。

コロナ禍で、何処にも行けなくてうずうずしていた時に、せめて沿線撮影位であれば密になることも無いし、そもそも沿線撮影って滅多にしないしなぁ・・・。

と思い立って、珍しくちゃんと三脚立てて撮影したヤツです。

撮影場所は新潟県村上市内で、かの有名な「笹川流れ」の入り口的な場所です。

 

そしてこの基本色(オリジナルデザイン)は、7両編成全体で「日本海沿岸部の美しい夕日をモチーフに、夕日と波、夕日が沈む日本海に映り込む空の色合いを緩やかな 曲線と色彩で表した」デザインなのだそうです。

まぁ、そういう事で・・・。(w

 

で、実はかさぼぅ、一度だけこの「特急いなほ」のグリーン車に乗ったことがあります。

f:id:kasabow:20211229185958j:plain

こんな座席です。

2×1タイプの配置なので、新幹線で言えばグランクラス的な感じ。在来線特急では「サンダーバード」みたいなものですかね。ちゃんと各シート用の電源コンセントも装備されています。

 

コロナ禍以前の青春18切符旅の際、東北方面の旅の終盤で新潟に戻る最中に、お隣山形県内の「酒田駅」あたりで体力が尽きかけてしまい、普通列車で帰るのがあまりにもしんどなりゆったり寝て帰れるイスが欲しくて、ついつい課金してしまった時のものです。

 

f:id:kasabow:20211229190431j:plain

自分のシートの前には、こんな感じの「ついたて」があるので、前後の人が全く気にならず、プライバシー的にもかなり良い構造です。これなら思い切りシート倒す時も、後ろの人に声掛けなくてすみますしね。(笑

木材ってのもシックで良い感じです。

 

f:id:kasabow:20211229190546j:plain

全席との仕切りとして見ると、こんな感じです。

写真がかなりボケてますが、この時のかさぼぅは写真以上にボケていたので、やはり写真って撮影者の状態が如実に表れるものであるという事を思い知った1枚です。(w💧

 

しかし、こんな感じに枕付きのシートや安心のプライバシースペースにより、無事に新潟まで帰還でき、翌日から無事にお仕事にも行けました!(←なんの報告?

 

f:id:kasabow:20211229191018j:plain

はい、それでは最後に、今となっては貴重なツーショット(第2弾)で締めたいと思います。

確か山形県の「酒田駅」だと思うのですが・・・。(←間違えていたらごめんなさい💦

 

いなほと並ぶのは、新潟~酒田間で活躍していた普通列車の「キハ40系列」ですね。

この当時の羽越本線で当該区間を運行していたキハ40系列の気動車は、この「新潟一次色」と「タラコ色(朱5号かな?)」がメインでしたね。

たまに国鉄急行色が来た時などは、一人で勝手に盛り上がってました。(笑

 

って、やっぱり鉄道系のネタは長くなってしまいますねぇ。💦

 

さて、鉄道アーカイブも、2021年の〆のネタになってしまいましたが、来年以降も大好きな鉄道ネタを沢山アップしたいなぁ、と思っております。

本日も、そして今年も、かさぼぅの鉄道ネタに最後までお付き合いいただき、大変ありがとうございました。🚋✨

新潟ご当地グルメ:新潟カラー焼きそば③(魚沼:グリーン焼きそば)

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。
年の瀬も迫りくる中、思い出したかのように連続投稿を始めました。かさぼぅです。(←ちょっと余裕が出て来たのねw

 

さて今回の「新潟ご当地グルメ紹介」は、新潟カラー焼きそばシリーズの続編です。

 

えー、初回は、糸魚川「ブラック焼きそば」でしたね。

www.kasabow.com

 

で、2回目は、妙高市は赤倉地区の「レッド焼きそば」でした。

www.kasabow.com

 

そして、3回目となる今回はこちら!

f:id:kasabow:20211229164434j:plain

じゃじゃーん!

これぞ、魚沼「グリーン焼きそば!!

 

今回もキマシタね~。(w

麵のベースは、上質の小麦粉にプラスして、なんと地元魚沼産コシヒカリ米粉ブレンドしてる「自家製麺」なのです。

そして説明欄にある通り、このグリーンの色は天然のヨモギです。

まぁ、新潟銘菓といいえば「笹団子」ですから、ヨモギ新潟県民にとって、なくてはならない大事なwです。(←草、言うなwwwwww

f:id:kasabow:20211229165128j:plain

そんな素敵な「グリーン焼きそば」を提供してくれるお店は、こちらの「よしみや」さん。

えーと、前回の赤倉「レッド焼きそば」のお店が「みよしや」さんでしたね。

なんか平仮名の配列を変えたみたいなお店の名前で、これもなにかのご縁なのではないかと思っていします。(笑

 

さてさて、説明書きをフムフムと読んでいたら、いよいよ来ましたよ~!

f:id:kasabow:20211229165436j:plain

お~、確かに「グリーン」だゎ。

おまけに、ほうれん草とネギのスープまで、しっかり「グリーン」で、色の統一感も完璧です。

もっと近くで見てみましょう!

 

f:id:kasabow:20211229165627j:plain

香りをお伝え出来ないので非常に残念なのですが、めっちゃいい匂いなんですよ、これが。匂いだけで食欲が駆り立てられます。

素材が良いからなのでしょうね。強火で炒めた時の全ての具材が香ばしい匂いとなって、店内を包み込んでいます。

 

f:id:kasabow:20211229165919j:plain

あ、ごめん、君は色だけ見せてもらうから、こっちに居てね。(w💧

 

ではでは、いっただっきまーす!!

f:id:kasabow:20211229170027j:plain

麵の量に負けないくらい、ふんだんに入っている「お肉」・「しめじ」・「野菜」達。

味付けがまた大変良いのであります!

 

f:id:kasabow:20211229170221j:plain

いや~、こいつはお世辞抜きで、超ウマイ!!

一発でかさぼぅの「お気に入りリスト」入りです。

 

普段なかなか行けない(行かない)ような場所なのですが、それだけに敢えて訪問してみて大正解でした。

これは中毒性のある味なので、きっと来年も1度は食べ行くことになるでしょう。(笑

 

ぷはー、美味かった。

ごちそうさまでした!(ー人ー)

 

はい、ではではこんなところで、本日の新潟ご当地グルメ紹介、この辺でお開きにしたいと思います。ご当地グルメも、今年の〆ですね。

来年はどんなご当地グルメが出て来るでしょうか!(←その前にカラー焼きそばシリーズがまだ完結してないけどなw

 

相変わらず中途半端な記事ですが、本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。🍜✨

 

〆のラーメン:月徳飯店(糸魚川市)

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。
世間一般的には本日が仕事納めですね。皆様、今年も一年大変お疲れ様でした。


う~ん、自分の仕事はちゃんと締めることができたのか、イマイチ自信のないかさぼぅです。💦(←それって、しまりがないってこと?w

 

はいはい、いつも通り勝手に気を取り直しまして・・・。
今年も色々なラーメンを紹介してまいりましたが、このご時世ですので今年は新潟県内オンリーのラーメン紹介となってしまいました。

 

駄菓子菓子!!


新潟県内のラーメンを、北の方から地区別に南下して紹介してきましたが、やっとのことで県内一巡目の〆です。(ある意味グッドタイミングw)

さて、今年のフィナーレを飾るラーメン紹介、新潟県は最西端の「糸魚川市」から、超メジャーな人気店のご紹介です。


そうそう、かさぼぅのブロ友さんで糸魚川と言えば、このお方!

buzzstyle-kei.hatenablog.com

石川ブロガーの「けいたさん」です!!👍✨

 

今年も一年、我らが新潟の産業と経済に貢献いただきまして、感謝感謝でございます。m(__)m


あ、ラーメン紹介でしたね!
では早速参りましょう。(笑

 

念のため、今更ですが、「糸魚川」と書いて「いといがわ」と読みます。

新潟県では富山県境になる、最西端の自治体です。

かの有名なフォッサマグナの場所ですね。タモリさんもロケに来て下さっていましたね。

 

そして、この地で一番?メジャーなラーメンと言えば、こちら!!

f:id:kasabow:20211228213731j:plain

「月徳飯店」さんです。

 

JR糸魚川駅の「日本海口」から徒歩5分程の場所。

f:id:kasabow:20211228214008j:plain

古くからある住宅街の一角に君臨しています。

 

そして、元々絶対的「街中華」の存在だったこのお店が、何故更に有名になったのかと言えば・・・。

 

な・な・なんと!!!

新潟県のラーメンマニアなら知らない人が居ないであろう、あの上越「麵屋あごすけさん店主の御実家でございます。(←月徳飯店さんはお父様のお店!

 

ではでは早速、入店です。

f:id:kasabow:20211228214625j:plain

「郷に入っては郷に従え」ですので、ご当地メニューからの選択にしましょう。(笑

 

f:id:kasabow:20211228214759j:plain

やっぱ、これが気になるよなぁ。

新潟ではメジャーなお魚「メギス」!!

でもこの呼び方は新潟地方の方言らしく、標準語?では「ニギス」らしいです。(←そんなん知らんがな、興味もない。メギスはメギスw

 

あ、そう言えば、このご当地メニューを、かさぼぅよりも先に食べちゃっていたブロ友さんがいらっしゃいまたね・・・。

vvzuzuvv.hatenablog.com

はい、かさぼぅのブログでは毎度お馴染みの「ずずさん」でした!www

 

f:id:kasabow:20211228215434j:plain

まぁ、地元の名店ですから、感染対策もバッチリです。

ちょいとレトロな雰囲気がまた良いのであります。 ( ˘ω˘ )

 

 なーんて思っていたら、いよいよ着丼です!

f:id:kasabow:20211228215637j:plain

じゃじゃーん!

🎵「メギスラーメン」🎵✨

 

ポイントは、地元産の「メギス」で取る出汁です。

f:id:kasabow:20211228220520j:plain

さらに、海苔の上には「追い魚粉(もちろんメギス)」も!

 

f:id:kasabow:20211228220637j:plain

中太ストレートでキレイな麵です。

小麦の香りも「ほわッと」伝わり、歯ごたえも絶妙な美味しい麵ですねぇ。(w

 

f:id:kasabow:20211228220807j:plain

そして、極めつけはコレ!

メギスのツミレ!!

 

これは、新潟広しと言えども、かさぼぅの知る限り「月徳飯店」さんだけのオリジナルトッピングです。(≧◇≦)

 

f:id:kasabow:20211228221037j:plain

メンマも、程よい歯ごたえで良い風味ですねぇ。

 

f:id:kasabow:20211228222733j:plain

そしてチャーシューも、期待通りのホロホロ且つジューシーな絶品です。👍✨

 

f:id:kasabow:20211228222915j:plain

あとは、この好みが分かれそうなスープですね。

もちろん、間違えない出汁です。

 

魚介と節と豚がらですかね。丁寧に煮込んだ「豚がら」だからだと思うのですが、トロミがありとても上品なスープです。

 

f:id:kasabow:20211228223440j:plain

デフォルトで、私の大好きな玉ねぎのトッピングです。

これでメギスの臭みを緩和ですね。

 

f:id:kasabow:20211228223611j:plain

まぁ、それこそ本当に好みの分かれそうなスープなのですが、魚介系が好きな方や、光物系の魚が好きな方なら、絶対お勧めのご当地ラーメンだと思います。

もちろん、かさぼぅは「完食」です!!

 

あ~、めっちゃウマかったぞ~!(≧◇≦)

 

新潟県内、至る所にクセのあるラーメンがありますが、何より地物を食材として使われている店主(シェフ・マスター・料理長・大将・親父さん)の皆さんに敬意を表しつつ、来年も大好きなラーメンを沢山食べながら、ご紹介して行きたいと思います。

 

はい、ではでは今年最後のラーメン紹介「月徳飯店」さんも、この辺でお開きにしたいと思います。

 

本日・そして今年も、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。🍜✨

たまには音楽について語ろうか (^^♪ 【クイズの答え】

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。

昨日のクイズでは、沢山の皆様からコメント(=答え)をいただき、本当にありがとうございました。感謝感謝のかさぼぅです。m(__)m

 

そう言えば、楽器の名前が曲の名前として使われているのも、色々ありますよねー。

某大手のカラオケと言えば第〇興商」さんの曲名検索では、曲名として楽器の名前が使われているものは・・・。

 

◆第1位:ギター

 ・チェリッシュさんの「 白いギター 」など。(←歳がバレるぞ💦

 

◆第2位:ピアノ

 ・西田敏行さんの「 もしもピアノが弾けたなら 」。や、

 ・若嶋津親方の奥さんで「私はピアノ 」。(←素直に高田みづえさん、と言え!

 ・八神純子さんの「 ピアノとわたし 」。

なんて曲も。

 

世代がバレますが、高田みづえさんの「私はピアノ 」は何故かとても印象に残っています。でも歌手としては、名古屋の歌姫八神純子さん」が圧倒的に好きです。(←だから、誰得?

 

◆第3位:三味線

 ・氷川きよしさんの「 三味線旅がらす 」。

 ・美空ひばりさんの 「 三味線マドロス 」。

 ・こまどり姉妹さんの「 三味線姉妹 」。(←知っている読者さん居るの?

 

意外や意外、三味線が第3位とは、かさぼぅもビックリです。

 

・・・ちなみに第4位は「ドラム」のようですね。

mihimaru GTさんの「 Drum-Line 」とかね。

そうそう、個人的にmihimaru GT「ヒロコ」さんの、ルックスや声が好みです。(←誰得情報Part.2!www

 

あー、そう言えば「クイズの答え」でしたね!

正解された方も、何名かいらっしゃいました。すごいですね!

なぜこれをクイズにしたかと言えば、最近まで私も【Pf】の略称を知らなかったからなのです。

(^^ゞ

 

で、正解は・・・。

---------------------------------------------

◆答え: ✨ ピアノ

---------------------------------------------

でした!

 

「ちょっ、まてよ!」(←キ〇タク風味w

Pfの「P」はわかるけど「f」はなんなん?

・・・はい、では簡単に解説しますね。

 

現在のピアノは、大昔にあったチェンバロという楽器が元になっています。

チェンバロ鍵盤楽器なのですが、構造的には「鍵盤を押すと弦をひっかいて音を出す」タイプのやつでしたので、言うなれば「ギターに近い構造」です。

でもこの構造だと、「音の強弱を付けられないじゃん!」って思いますよね。

てなことで、とある人が1700年頃に現在の「ピアノの元」となる楽器を発明しました。

その時、この楽器に付けられた名前が、

「グラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」

(弱い音も強い音も出せるチェンバロという意味)

学校にあったグランドピアノとかで、フタが開いている状態のピアノを弾いているのを見たことがある方はなんとなく分かるかもしれませんが、フェルトのついた棒で玄を叩く構造になっていて、その棒の打力は鍵盤の打力に比例するため、強弱が付けられるようになった訳なのです。

 

でもしか~し! こんなナゲー名前覚えられない!

ってことで、超省略してピアノフォルテ(Pianoforte)」になった訳なのですが、人間とはなんでも省略するのが大好き?なので、いつの間にさらに短くなり、現在の「ピアノ」と呼ばれるようになった、と。

 

なので、「PianoForte」を略して「Pf」な訳ですね!

 

正解された方は、お見事! (*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

 

でも、正解を求めたクイズではないので、クイズにご参加(ご回答)いただいた皆様に改めてお礼申し上げますm(__)m

 

ではでは、本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。🎵✨

 

-----------------

special thanks!

-----------------

happy-ok3さん http://blog.hatena.ne.jp/happy-ok3/

お見事! ご経験者ですね。(笑
回答に自信のある方は・・・。だったのですが。w

PONY (id:pony3)さん http://blog.hatena.ne.jp/pony3/
PONY!・・・個人的に「正解」とします!(笑
ご回答ありがとうございました。
パッションフルーツ!の感性も大好きです。

myuhikaruさん http://blog.hatena.ne.jp/myuhikaru/
ご無沙汰しておりすみません。💦
敢えて回答を書かない優しさ。当然、ご存じですもんね!(笑
ひかるさんなら、今後Cb.セッションもあると思いますので、何かのお役に立てたのなら幸いです。
素敵なクリスマスをお過ごし下さいね。👍✨

ずず (id:vvzuzuvv)さん http://blog.hatena.ne.jp/vvzuzuvv/
こういう時に承認制が役に立ちますね。(笑
パチパチフラダンス💃!!
完璧です、こんな答えを待っていました!!👍✨
さすが、ずず姉さん。感謝です。m(__)m

なる (id:narutabi)さん http://blog.hatena.ne.jp/narutabi/
忙しいと言うより、要領が悪いもんで。(あ、容量も少なく・・・)💦
おぉ、ググらずに正統派のガチ回答、ありがとうございます!
結果、正解でした。お見事。パチパチ・・・。
なるさんも、お身体にお気を付けて、良い年をお迎えくださいね。m(__)m

ぽむりん (id:mwm29567)さん http://blog.hatena.ne.jp/mwm29567/
おぉ、だべ~さん!ご無沙汰しておりました。
ブラバン経験者だったのですね。
だべ~さんも、敢えての回答伏せ、ありがとうございました!
きっと、その「なんとなく」が正解です。(笑

コッチ (id:acchikocchiitiza)さん http://blog.hatena.ne.jp/acchikocchiitiza/
知っててワザと言ってますね~。(笑
コッチさんのおうちだけで、何種類の略称が飛び出してくることやら。(w
コッチさんの演奏、聴きたいなぁ。🎵✨

 (id:hana_b03A2019)さん http://blog.hatena.ne.jp/hana_b03A2019/
あ~、ズルっ子だぁ。(笑
そうですよねぇ、ストリートピアノ、めっちゃ増えましたよね~。
花さん界隈だけでも「JRハマ駅」「リコパ鶴見」「センター南駅」etc.
数え切れない位、あるゎあるゎ。
いつかストリートピアノで、「猫ふんじゃった」を熱演してください!!

ナツネコ (id:usayusadosa)さん http://blog.hatena.ne.jp/usayusadosa/
ありがとうございます!
全然分からんくて良いのです。
回答いただけることに意味がありますので。(笑
そうそう、この[f]が曲者ですよね。私も最初この[f]が分からなくて、???でしたので。w

けふお (id:kefuo)さん http://blog.hatena.ne.jp/kefuo/
パフュームが出て来るだけ凄いです!
Pfですもんね。確かに、これも正解です。
でも私は、「有機質」なサウンドの方が好きです。
あ、それは、けふおさんも同じですね。(w


ぐんちゃん (id:gunjima-taii)さん http://blog.hatena.ne.jp/gunjima-taii/
おぉっと、ぐんちゃん和尚も「パフューム」系ですね!
発想が素晴らしいです。
いや、パフュームって実は新手の楽器だったんです。(笑
 ↑
(パフュームファンの方がいたらごめんなさい。ネタだから怒らないでねw)

あぽろん (id:aporon2)さん http://blog.hatena.ne.jp/aporon2/
パフォーマンス!
・・・ついに、パフュームを超えるものが・・・(w
いですねぇ。
正しい答えよりも、皆さんの豊かな発想のお答えがたまらなく大好きです。

 

ナゲー (id:nagee4678) さん http://blog.hatena.ne.jp/nagee4678/

勝手に、お名前だけ使わせていただきました。(w

 

ではでは改めて。

皆様、師走のお忙しいところこんな変なクイズにお付き合い下さり、本当にありがとうございました!(^_^)v