かさぼぅ 気ままな趣味ブログ

好きなこと・好きなものを、気ままにアップします

風景:新潟散歩【新潟空港 B滑走路(東端)】

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。

最近、重たいカメラを抱えて上ばかり見ているので、肩・首のコリが解消しません。かさぼぅです。

スマホを見るときは下を向くのに、なぜ治らないんだろう?

 

さて今回の「新潟散歩」は、前回お届けした新潟空港B滑走路(西端)の真逆(東端)で撮影した飛行機をお届けいたします。

 

では早速参りましょう。

前回は、離陸直後の飛行機でしたが、今回は着陸長直前の機体になります。

 

f:id:kasabow:20210510201439j:plain

エンブラエル ERJ175

機体は前回と同じですね。

日本航空」さんと「FDA」さんの共同運行機です。

名古屋(小牧)空港からやって来た便です。

 

f:id:kasabow:20210510201839j:plain

 

f:id:kasabow:20210510201943j:plain

おーっと、この機体ちびまる子ちゃんランド」タイアップ機ですね!

後方垂直尾翼の付け根辺りに、「ちびまる子ちゃん」のキャラクターが描かれています。

このタイアップ機は乗ったことがないのですが、確かこれって機内のシートのマクラカバー?も、「ちびまる子ちゃん」キャラになっている仕様だったような・・・。

 

子供達は喜びそうですね。ビジネスの方は???かな。(w

 

 

さて、お次は・・・。

f:id:kasabow:20210510202450j:plain

ボンバルディア DHC8-Q400

あはは。これも前回と同じですね。(笑

 

そうそう、着陸準備に入っている機体は、足(車輪)が出ているんですよね。

あと、主翼前照灯が燈っているから、降りて来る飛行機の方が見応えあるかもしれません。

 

これは、大阪(伊丹)空港からやって来ました。

 

f:id:kasabow:20210510202930j:plain

おーと、金網のポールが写り込んじまったぜ~(^^ゞ

動いているものを撮るのって、この辺の感覚が難しいのです。💧

 

 

f:id:kasabow:20210510203343j:plain

 

f:id:kasabow:20210510203407j:plain

結構風が強い日だったので、着陸寸前まで結構左右に振られていましたが、流石ですねー、車輪が付く瞬間には、ばっちり水平になりました。

 

パイロットのほとんどが、着陸時は手動操縦するらしいので、このへんは機長の腕の見せ所ですね。👍✨

 

f:id:kasabow:20210510203652j:plain

長旅、お疲れ様でした!

無事到着です。

 

そうそう、プロペラ機ってジェットエンジンではないので、着離陸後の制動時に「逆噴射」が出来ません。

 

ではどうやって制動するのか。

 

実はプロペラの角度が変えられる(リバースピッチ)構造になっているので、プロペラの角度を逆向きに変えることで後ろ向きの推力を得て、逆噴射もどき(w)のテクニックを使うんですね。

 

 

本日の お・ま・け

f:id:kasabow:20210510204814j:plain

MHアグスタ139 (たぶん💧)

メイン滑走路の奥では、海上保安庁の方々が救難訓練?をされているようです。

こちらも強風だったのでホバリングが大変そうでしたが、冬の日本海の真上の風はこんなもんじゃないので、雪国や日本海側の管区の方は相当大変でしょうね。(ちなみに新潟は第九管区です)

日々の弛まぬ努力と、いざと言うときの活躍に、感謝・感謝なのであります。

 

ではでは、今回の新潟散歩は、この辺でお開きにしたいと思います。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。🚁✨

 

ラーメン:ラーメンハウスあおきー富岡店 (上越市_その2)

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。
もう次の休みのことを考えています。かさぼぅです。


気が付けば、昨日は「立夏」だったんですね。道理で急に暑く熱くなった訳だ。💦

あ、「りっか」と言えば「桜川 六花」。このアニメ(虚構推理)の主題歌「モノノケ・イン・ザ・フィクション」(嘘カメさん)が好きだったんだよねー。(←いや、今日はラーメンネタの日だから!

 

あと、関係無いついでに言えば、GW明けって毎年なんか気分が優れなくなるんですよねぇ。(←ただの年だろ

 

さてさて、前置きがすっかり長くなりましたが、そんな憂鬱な気分を吹き飛ばすためには、「好きなものを食べて、好きなことをする」のが一番ですよね。(笑

 

てな訳で、好きな食べ物をいただきましょう!

 

はい、今回はこちら。

「ラーメンハウスあおき(富岡店)」さんです。

前回の「あごすけ」さんから車で5分程度。イオン富岡店さん付近にあります。

f:id:kasabow:20210506220051j:plain

木の看板がい感じですねぇ。

早速、入りましょう!

 

食券制ですね。

メニューは食券機の上に掲げられている通り、ザックリと4種類。

「しょうゆ」「しお」「みそ」「つけめん」です。

f:id:kasabow:20210506220357j:plain

あおきさんでは、以前「味噌ラーメン」を食べたことがあります。

その時は酷い二日酔い(←いつもじゃないの?w)だったのですが、とても優しい味でスルスルっと食が進み、何気に関心したことで覚えていました。

 

ちなみに、上越地方では「上越ラーメン」というジャンルがあり、「とんこつ醤油」系になります。

これは本当に、この地方独自の味(ジャンル)で確立されており、個人的には「新潟○大ラーメン」の枠を増やして、この「上越とんこつ醤油」も入れるべきだと思っています!!(←すみません、ついつい熱くなりました💧

 

まぁ、そんな訳で、今回は「上越ラーメン=醤油ラーメン」にしましょう!(笑

 

f:id:kasabow:20210506221636j:plain

じゃじゃーん。 「しょうゆらーめん」!

 

至ってシンプルなビジュアルです。正に「昔ながら」の感じですね。

ノーマルメニューでのデフォルトトッピングは、メンマ・ネギ・コーン・チャーシューです。

 

では早速、いただきまーす!

 

f:id:kasabow:20210506222107j:plain

あおきさんのスープは、あっさり系で、とんこつも見た目ほどくどくなく、臭みもありません。

そうですね。以前食べた「みそらーめん」と同様、基本的に「優しい」お味です。

でも、コクはしっかりとあり、とても美味しいスープです。

 

f:id:kasabow:20210506222524j:plain

すみません、ブレてますが麺アップです。

中太の縮れ麺ですね。これも、「上越らーめん」としては定番の麺。

加水は高くないと思いますが、若干柔らかめながら、しっかり・もっちりの食感です。

 

この全体のバランスからすると、常連さんになって毎日通っても飽きがこないような、そんな安心感のある味です。

 

はい、「しょうゆらーめん」も、大変美味しく頂きました。

ごちそうさま~! (^人^)ウンメカッタヨー

 

てなわけで、なにげに本日も長文になってしまいましたが、今回の新潟ラーメン紹介「ラーメンハウスあおきー富岡店 」さんは、いかがでしたでしょうか。

 

ではでは、本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!🍜✨

 

【野鳥】新潟 春の野鳥③

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。

♪さがしものは なんですか みつけにくい ものですか♪

はい、新し野鳥を探しています。かさぼぅです。

 

さて任侠野鳥の会新潟支部で、3月度に撮影した野鳥の〆の回です。(次回から4月度版になります)

 

ではでは、早速参りましょう。

f:id:kasabow:20210501132119j:plain

すずめ

きょうは「すずめ」から。

右側に何かあるんですかね。揃って同じ方向をじっと見ています。

 

f:id:kasabow:20210501133217j:plain

すずめ

こちらは単独ですね。歩いているとカワイイですが、止まっている時のすずめって、結構凛々しいですね。

 

f:id:kasabow:20210501133535j:plain

ひよどり

お次は、前回ぞんざいな扱いを受けていた「ひよどり」君です。

結構繊細でキレイな色です。

 

f:id:kasabow:20210501133752j:plain

ひよどり

餌場を見つけたようですね。仲間を呼んでいます。

この後、ひよ仲間が数羽ここにやってきて、この木の芽?をパクパクして行きました。

鳴き声は「ビヨビヨ」って感じで、ちょっとダミ声っぽいです。

ひよが来ると、小鳥たちは離れて行きます。

 

f:id:kasabow:20210501134217j:plain

しじゅうから

まいどお馴染み、しじゅうから君です。

漢字で書くと「四十雀」。スズメの仲間ですね。

 

f:id:kasabow:20210501134539j:plain

しじゅうから

今度は背後から。
羽が本当に綺麗なんですよねぇ。

しじゅうからだけはいつでも撮れるのですが、それでも可愛くてついつい毎回撮ってしまいます。(笑

 

f:id:kasabow:20210501134753j:plain

??!

なんだなんだ、急に小川から水しぶきが!

 

f:id:kasabow:20210501134856j:plain

からす

からすかい! びっくりしたなー。水浴びしてたのか。

って、気持ちよさそうな顔してるじゃん。楽しそう。

お遊びタイムですね。\(^o^)/

 

f:id:kasabow:20210501135159j:plain

水浴びの四十雀

今度は、君かい!(w

同じ小川で角度を変えて見ていたら、同じ場所に「しじゅうから」君もやって来ました。

この公園の、鳥たちの水浴び場になっているようですね。

 

そして、この小川につながる池には・・・。

f:id:kasabow:20210501135718j:plain

カメが居ました。甲羅干し中みたいです。

まだ寒い時季節だったので、晴れた日の甲羅干しは大事ですね。

でも、足伸びすぎじゃないか??(まぁ、首もですがw)

 

で、別な場所に目を移せば・・・。

f:id:kasabow:20210501140104j:plain

「愛することに疲れたみたい 嫌いになった訳じゃない・・」(←なんなん、いきなり?

 

♪それでも コイは 鯉~♪ (←それが言いたかったんかい!w

 

この日は新しい野鳥に巡り合えず、途中から集中力が切れ別な物を撮り始める始末(^^;

まぁ、こんな日もあるよね。また出直そう~っと。

 

後で色々調べてみたところ、お昼前後って鳥はあまり活動していないみたいですね。

という事は、かさぼぅの撮影時間帯を見直す必要がありそうです。

はい、なんでも勉強です。( ..)φ

 

さて今回の「春の野鳥」シリーズは、この辺でお開きにしたいと思います。
本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。🐦🐣✨

鉄道アーカイブ 勝手に「115系」祭り in 新潟

       
115系祭り('◇')ゞ
       

 

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。

数ある電車の中でも、やっぱり「115系電車」が大好きな、かさぼぅです。

皆さんも、好きな列車ってありますか?

 

さてさて、だいぶ以前にも「鉄道アーカイブ」カテゴリで、この115系をシリーズ化いたしましたが、そろそろ115系王国の新潟でも「引退説」が、まことしやかに流れ始めています。

そこで、最後の駆け込み撮影需要で要らぬトラブルに巻き込まれないように、今のうちに地元民ならではの密にならない環境で、撮り納めをしておきましょう!

 

まず予備知識として、2021年4月現在、JR東日本「新潟支社」管内で現存する「115系電車」は、7種類(7色)あります。

「1色」=「3両編成」になっていますので、新潟支社管内に現存している車両は、21両という事になります。

まぁ、そんな前置きはさておき、早速これらの車両を見てみましょう!

 

その1:元祖国鉄湘南色

f:id:kasabow:20210427215804j:plain

115系電車と言えば、これを語らずにはいられません。

かさぼぅが子供の頃から日本全国で大活躍をしていた、山にも雪にも強い、スーパーワイルドカード的な、「近郊型電車」です。

 

「近郊型」とは、通勤列車的な短距離から、旅行移動を見越した中・長距離の移動も見据えた、オールマイティーな車両です。

 

かさぼぅが若かりし頃(20~30年ほど前)、大宮周辺でお仕事をしていた時期がありますが、「高崎線」や「宇都宮線」でも、主に「快速種別」(アーバン・ラビット)などにも運用されていた車両ですね。

 

そして今でも違和感があるのが、ホームでの列車接近放送で、

「次の〇〇行きの列車は、短い10両編成ので到着となります」

・・・。 

どこが短いねん!うちらこの時間帯は、たいがい2両編成やで!!

すみません、荒ぶりました・・・。💧

 

今日はお祭りでしたね。🎵✨

楽しく進めましょう!(笑

 

 

|その2:新潟「一次色」

f:id:kasabow:20210427221327j:plain

国鉄元祖の「湘南色」を、初めて「新潟支社」オリジナルの配色にした仕様だったと思います。

 

f:id:kasabow:20210427221909j:plain

この「新潟一次色」は、115系電車のみならず、気動車の「キハ40系列」にも存在していました。

新潟市周辺の我々にとっては、馴染み深いカラーリングですね。(笑

 

 

|その3:新潟「二次色」

f:id:kasabow:20210427222008j:plain

今年度に入ってから、意識して近所で沿線撮影を始めましたが、この「二次色」編成に全く出会えないので、この写真だけ、かなり過去に撮影したものとなります。💦

 

そのカラーリングから、通称「キムワイプ」。

理系の方は、「www」かな?

 

 

|その4:新潟「三次色」

f:id:kasabow:20210427222558j:plain

こちらは、ブルーが基調の爽やかカラーリングです。

 

f:id:kasabow:20210427222657j:plain

ちょっと前の「桜コラボ祭り!」で登場したヤツですね。

通称「JKワイパー」。

115系に、これらのネーミングを付けた方って、ホントにセンスありますよね!

 

 

|その5:弥彦線

f:id:kasabow:20210427223414j:plain

新潟圏内でも、特に「弥彦線」専用色として設定されていた「弥彦線色」です。

 

f:id:kasabow:20210427224024j:plain

現在は、各編成のクロスシートも企画が統一されていると思いますが、当時の「弥彦色編成」は、他の115系よりもシートピッチが狭かった記憶があります。

 

 

|その6:(旧)弥彦線

f:id:kasabow:20210427224128j:plain

この辺までくると流石に、かさぼぅの記憶も曖昧です。

こんなカラーリング、あったんかいな! の世界ですね。

白のベースに、赤とオレンジのラインが特徴的です。

 

 

|その7:元祖新潟色(なつかし色)

f:id:kasabow:20210427224450j:plain

多分、かさぼぅが初めて乗った電車の色。

当時の「70系電車」にカラーリングされていた、ある意味本当の「新潟色」生みの親なもの(色)ですね。

 

そうそう、昔新潟に走っていたのは「80系電車」だと思い込んでいましたが、我らが鉄道写真家「ナゲーさん」から70系であったことを教えていただきました!

( ↓ そんなナゲーさんのブログは、こちら ↓ )

www.nagee-transient.online

 

f:id:kasabow:20210427224917j:plain

f:id:kasabow:20210427225003j:plain

で、とてもステキな「元祖新潟色」なのですが、噂によると何かしら不具合で、4月中旬現在「入院中」との話を、沿線撮り鉄さんから聞きました。

 

確かに、最近かさぼぅが「115系撮影用」に自作した「時刻表」で、本来115系が来るべき所を「E129系」が来ることがあり、Σ(゚Д゚) ってのもありました。

(↓ちなみに自作時刻表。PCの方はクリックすると大きくなります。)

f:id:kasabow:20210429080221j:plain

115系時刻表】越後線運用

※未確認の列車も記載されています。また整備・点検・修理等で運用から外れることもあります。あくまでも参考でお願いします。不具合・損害等に関しては、一切責任を負いかねます。(w 

 

 

混合編成

f:id:kasabow:20210427225650j:plain

はい! 「旧弥彦色」と「新潟三次色」の混合編成ですね。

田植えが始まる前に、整備された田んぼの中を疾走する115系です。

 

そうそう、そう言えば以前に同じ場所で、115系を撮影したことがありました。

f:id:kasabow:20210427230426j:plain

 そのころはまだ冬でしたので、17:30頃だともう暗くなっていて、広角側で撮影してもシャッタースピードが出せません。

 

f:id:kasabow:20210428191232j:plain

となると、必然的に「流し撮り」するしかありません。(w

 

f:id:kasabow:20210428191324j:plain

一次色+三次色です。

この橋は、新潟市内では人気スポットみたいで、115系通過時間には必ず別なカメラマン達がいます。

時折ここで、マニアさん達から有益な情報をもらったりしています。

 

そこで得た話によれば、

「少なくともあと2年程、115系の引退は無い」

とのこと。

 

なんでも、今の新潟駅の高架工事の影響や、変電所の関係などで、新潟駅の工事が終わるまで(もしくは直前くらいまで)は、残りそうだと。

 

あと、唯一「信越線」から「えちごトキめき鉄道」を直通運転する、旧「新井快速」の流れを受け継ぐ上り列車も、「えちごトキめき鉄道区間がATS装置の関係で、E129系が入れないので、こちらも115系を外れない理由になっているらしい。

 

なにはともあれ、もうしばらくは大丈夫かな?(ちょっと安心w)

 

 

|本日のおまけコーナー

f:id:kasabow:20210428192226j:plain

↑ 同じ橋でE129の花コラボ

 

f:id:kasabow:20210428192341j:plain

↑ 対岸からの桜コラボ(逆光編)

 

最後は、例の桜コラボ会場からの「動画」をお届けします。

※動画再生の際は、音量にご注意ください!

※繰り返し再生される場合、動画をクリックすると再生が止まります。

streamable.com

 

快速運用中のストレート区間

モーターが思いっきり唸りを上げてますね。(笑

 

さてさて、やっぱり長くなってしまう「115系」ですが、お楽しみいただけましたでしょうか。

 

今回も最後までお付き合いいただき、大変ありがとうございました。🚋✨

 

温泉:貝掛温泉【新潟:湯沢町】

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。

足をゆっくり伸ばせる大きなお風呂って、いいでよねぇ。かさぼぅです。

まぁ、伸ばしたところで、さして長くもないんですけどね。

(^-^;

 

さて、久しぶりの「温泉紹介」。

今回は、新潟県内でも屈指の「秘湯」をお届けいたします。

 

その場所は、山奥のこんな渓流の畔にあります。

f:id:kasabow:20210425175103j:plain

群馬県堺にほど近い、三国峠の中です。

 

昨年の秋口(運動会の代休だったかな?)に、倅と二人で行ってみました。

 

そして、その温泉に行くには、こんな細~い橋を渡らなければなりません。

f:id:kasabow:20210425175456j:plain

車1台がやっと通れる幅です。対岸から車が来ないことを祈って渡ります。(笑

 

橋を渡れば、山奥のこんな絶景です。

f:id:kasabow:20210425175654j:plain

こんな所に温泉があるの?

 

駐車場から地味に太ももに効く?坂道を徒歩で登りますよ。

f:id:kasabow:20210425175802j:plain

なんか、田舎の民家っぽい感じですね。

 

 あ、でも「貝掛温泉」って提灯と渋い看板がありますね。

f:id:kasabow:20210425180210j:plain

なんかとっても良い雰囲気です。

そんな「一軒宿」の温泉旅館ですが、日帰り入浴にも対応して下さいます。

 

では、早速入りましょう!

f:id:kasabow:20210425181528j:plain

浴場へと向かう廊下には、地元「魚沼産コシヒカリ」と思われるイネが窓際に「はざかけ」されていましたよ。

これは間違えなく、かさぼぅ大好きな「美味しいお米」になるやつですね。(笑

 

はい! そしてお約束の「成分分析表」ですね。

f:id:kasabow:20210425181905j:plain

と言いつつ、「貝掛温泉」物語。とても気になりますね。

 

室町時代の手記がある、由緒ある温泉のようです。

今は男女別になっていますが、明治時代は眼病治療の湯として混浴湯に漬かっていたようですね。

これだけ色々な温泉に入っているかさぼぅでも未経験なのですが、「混浴」ってなんかロマンがありますよねぇ。(←きゃー、かさぼぅさんのエ〇チー・・・しずかちゃん風で

 

平日のお昼頃だったので、ありがたいことに貸し切り状態です!

コロナ禍でなければ、季節的にもきっと混んでいるのでしょうね。

f:id:kasabow:20210425183024j:plain

脱衣所は「籠」だけですが、右端には鍵付きの貴重品BOXもあります。

 これは安心!

ちょうど内湯に人がいないので、パシャリ。📷✨

f:id:kasabow:20210425183219j:plain

とっても味のあるお風呂なのですが、ここのオススメはなんと言っても「大露天風呂」です。

露天風呂は「熱(あつ)湯」と「温(ぬる)湯」ゾーンに分かれていますが、もともとの源泉が「37℃」と体温に近いので、「温湯」のほうは、もうずーっと漬かっていられる気持ちの良さです。♨✨

 

あ~、めっちゃいい湯だった~!!

 

f:id:kasabow:20210425183721j:plain

帰りの細道も気を付けて・・・。

 

一応、国道17号沿いなのですが、その入り口はとっても分かり難く、脇道にそれてから「貝掛温泉」の看板が出てきます。

f:id:kasabow:20210425183842j:plain

これは、行こうと思って行く人にしか分からない、まさに「秘湯」ですね。

群馬県堺の新潟に来られる機会があれば、是非こんな秘湯も如何でしょうか。

 

 

あ、そうそう。この「貝掛温泉」、以前ブロ友の「花さん」も紹介して下さっていましたね。そんな「ハマっ子、花さん」のブログも「温泉・グルメ🍗・旅行🚋」などなど多彩なネタで、いつも楽ませていただいています。👍

( ↓ そんな「花さん」のブログは、こちら ↓  )

hana-b03a2019.hatenablog.com

 

さてさて、なんやかんやで長くなりました今回の温泉紹介も、この辺でお開きにしたいと思います。

では本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。♨✨

 

旅の思い出 福岡編

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。

旅行に行った時、自分用のお土産は何を買いますか?

私は、その土地の「お酒(日本酒・焼酎・泡盛etc)」を必ず買います。かさぼぅです。🍶✨

 

さて、日本全国(全都道府県)旅シリーズも、ついに 第46回 目を迎えました。(ラス前です!

 そして、九州地区の最後を飾るのは「福岡編」です!

 

そうそう、ブロ友さんにも「福岡」の方がいらっしゃいますよ~。

元々「旅芸人」さんなのですが、いつの間にか「料理人」にもなられて、ついには自作・自力でお店までオープンさせてしまった、ナイスガイ!

その名も「コッチ」さん

( ↓ コッチさんのブログは、こちら ↓ )

acchikocchiitiza.hatenablog.com

いつの日か、コッチさんのお店に遊びに行きたいです!

 

 

さてさて話を戻しまして、 今回も写真タップリなので早速参りましょう。(^o^)/

 

時は、2019年6月です。

今までの九州シリーズをご覧下さっていた方は、もうお気付きかもしれませんが、九州各県の訪問が全て「2019年6月」なのは、この時に「3泊4日九州1周の旅」を決行したからなのです。

 

その旅の出発点、地元の「新潟空港」です。

f:id:kasabow:20210420233251j:plain

上から2つ目の「福岡行き」が、この時のフライトです。

 

f:id:kasabow:20210420233309j:plain

電光掲示板では「日本航空」になっていますが、「FDA」の共同運航便で、機材(飛行機)もFDA仕様です。 

 

f:id:kasabow:20210420233335j:plain

飛行機の中です。

先の記事で写真を撮ったオレンジ色の機体、エンブラエル ERJ175」の内部です。

www.kasabow.com

 

f:id:kasabow:20210420233350j:plain

テーブルが広くて良いですね。

それほど長時間のフライトではありませんが、FDAの場合ちゃんと機内サービスがあります。

この時は、ホットコーヒーをお願いしました。(←実はコーヒー好き

写真ではちょっと分かり難いですが、かわいいハート型のチョコレートが付いて来ます。

 

f:id:kasabow:20210420233403j:plain

幸い天候にも恵まれ、窓からの眺めもサイコーです。

 

f:id:kasabow:20210422181253j:plain

なーんて思っていたら、もうすぐ着陸ですね。

って、おーっと、これはもしや「福岡(ヤフオク)ドーム」では!

野球大好き「かさぼぅ」を、こんな形で迎え入れてくれるなんて、マジ感動です。(TT

 

f:id:kasabow:20210420233418j:plain

無事に、福岡空港に到着しました。

ここからは、電車で博多に移動します !

 

f:id:kasabow:20210420233434j:plain

うへ~、なんじゃこの電車は! 

見た目の美しさだけでなく、シートの座り心地、列車の乗心地においても、パーフェクトです。

東日本圏の鉄道会社(特にJ〇)さんには、是非とも参考にしていただきたいレベルの列車ですね。

 

f:id:kasabow:20210420233449j:plain

 はい! 博多駅に到着です。

ここから、今までにアップした九州各地を巡る旅をしてきました。

 

f:id:kasabow:20210420233504j:plain

前回の「大分編」からの続きです。 ソニック号ですね。

前からシートを見ると、それほど「ミッ〇ー」っぽくもないな。(w

でも、この枕感がステキなシートで、とっても快適です。

 

f:id:kasabow:20210420233518j:plain

途中の停車駅「小倉」です。

駅のホーム上に、立ち食い蕎麦屋?があります。いや、東日本の人間なので「蕎麦屋」という表現をしてしまいますが、明らかに「うどん屋」でよね。💦

もとい! 立ち食いうどん屋で「かしわうどん」が300円台って、恐ろしく安いですね!!

関東圏では、駅の立ち食い蕎麦で「かき揚げ蕎麦」がワンコイン(500円)で食えるか?のレベルなので、これは凄いと思います。

 

f:id:kasabow:20210420233533j:plain

そして九州を無事に一周し、ここ「博多駅」まで戻って参りました!

とにかく、巨大なステーションビルです。 

 

f:id:kasabow:20210420233550j:plain

 これは、博多で宿泊した駅前のホテルからの景色です。

計画当初は、もっと安いカプセル系に止まる予定だったのですが、九州で1泊目の長崎で「カプセルホテル」に泊まった時に、安眠できないような案件?wがあったので、その反省を生かし、せめて最後の博多ではちゃんとした?ホテルに泊まろうと思い、ちょっと奮発してこのホテルを取り直しました。

結果、めっちゃ大満足です!

 

とりあえずチェックインして荷物を降ろし、身軽になったら早速夜の街に繰り出しますよ~。(笑

 

はい、到着しました!

f:id:kasabow:20210420233605j:plain

The「中州」です。 

 

駅前からバスで「天神」界隈まで出たら、あとは散歩しながら雰囲気を楽しみつつ、良さそうなお店を探していきます。

 

気持ち的には、いきなり「ラーメン」に行きたいところではありますが・・・。

「郷に入っては郷に従え」てな訳で、ここはまず「ご当地グルメ」から舌鼓を!(笑

f:id:kasabow:20210420234248j:plain

そう、福岡・博多と言えば!

 

f:id:kasabow:20210420234306j:plain

ビール!
いや、それは全国区ね!💦

 

f:id:kasabow:20210420234322j:plain

そうそう、「土手焼き」よね! 

絶妙な煮込み具合の、スジ(ホルモン?)やコンニャクの上に、新鮮で良い香りのネギがトッピング!

「こんなん、ウマイに決まっとーと!」

食べる前からヨダレが・・・。(笑

 

f:id:kasabow:20210420234340j:plain

あと、これも「おいしいけん!」

  

f:id:kasabow:20210420234357j:plain

 まぁ、比較すらできませんが、チェーン店の「居〇屋さん」で同じものを頼んでも、この満足感は得られませんよねぇ。

屋台って、やっぱりステキ! なのです。👍

 

はい! ある程度満足したら、お腹に余裕があるうちに、やっぱりこれを食べなければなりません。

そうです、かさぼぅと言えば「ラーメン」ですよね。(w

 

ってことで、早速!

f:id:kasabow:20210420234422j:plain

おぉ、良い雰囲気の屋台がありましたよ~! 

 

f:id:kasabow:20210420234440j:plain

でも、人気店のようですね。めっちゃ並んでます。

普段は行列待ちが大嫌いなのですが、この時間帯はまぁ、どこに行っても待つこと必至なので、 ここで待つことにしましょう。

その間も中州のメイン通りは、ひっきりなしに人の往来があります。

 

やっとお店(屋台)に入れました。

いよいよですよ~、本家、博多・長浜の「とんこつラーメン」!

f:id:kasabow:20210420234507j:plain

キタ――(゚∀゚)――!!

 すっごいですねぇ。屋台のこんな小さな厨房で、このクオリティのラーメンが作れるんですね!!

外で食べるラーメン、そして普段かさぼぅの生息地ではなかなか食べることのできない本場のとんこつラーメン。否が応でもテンションが上がり、あっという間に完食です。

 

夜食にらーめん(A´・ω・)_▽~~~~ あ~、旨かった~!

 

さて、気分が良いうちに、ホテルに戻りましょうか。 

f:id:kasabow:20210420234530j:plain

流石に地元ではないので、千鳥足で帰るのはやめて、素直にバスで帰りましょう。(笑

 

 f:id:kasabow:20210423000534j:plain

毎度おなじみ、ピンぼけ写真。まぁ、酔狂のかさぼぅですので。(w

「ババ・バスオ」のキャラに癒されながら、博多駅前に無事帰還です。

 

そうは言っても、それほど飲んだわけでもないので、この日の〆は博多駅の夜景を観ながら、ホテルの自室で静かに一杯。

f:id:kasabow:20210420234553j:plain

 f:id:kasabow:20210420234617j:plain

こうして、博多の夜は更けてゆくのでした。 ZZZzzz....

 

 

で、翌朝~!!

もぅ、じじいなので、疲れ具合とか関係なく朝は早くから目が覚めてしまいます。

とっとと朝食をとって、そっこーでチェックアウトし、帰る時間まで散策します。

 

昨夜散策した中州方面に散歩をしていると櫛田神社を発見。

どうやら、博多の「総鎮守」様的な神社さんのようですね。

しかし、きれいな青空!

f:id:kasabow:20210420234640j:plain

本当にこんな都会のド真ん中にあるのか、ってくらい街中にあるのですが、この界隈だけが一際荘厳な雰囲気で、色々と見どころのある神社でした。

博多祇園山笠、いつか生で見てみたいですねぇ。

 

さて、参拝を終え川沿いに歩いていると、なんと川縁には睡眠中の「屋台」達が!

f:id:kasabow:20210420234706j:plain

こうしてみると、1台1台はとても小さいので、

「この小さい屋台で、よくあれだけ色々な飲食物を提供できるもんだなぁ」

と、素直に感心・感動します。

 

そんなことを思いながら、更に博多駅方面に向かいます。

お~っと、ここにも神社がありますね。

住吉神社ですね。

f:id:kasabow:20210420234735j:plain

この神社の敷地も、結構広そうです。

早速、大鳥居をくぐり参道を歩きます。

 

f:id:kasabow:20210420234806j:plain

見た目は華やかですが、厳かで荘厳な 雰囲気です。

どうやら、この界隈では屈指の「パワースポット」✨らしいですね。

ここで、良いエネルギーの恩恵をいただきましょう。

  

住吉神社の参拝を終えたら、次は博多駅に向かいます。

それは何故か?

 

はい、ここ。

JR博多シティの屋上にやって参りました。

f:id:kasabow:20210420234833j:plain

 あれ? この佇まい、どこかで見たような・・・。

ちょっと奥に行ってみましょう!

 

f:id:kasabow:20210420234858j:plain

ぉお!! (゚ロ゚屮)屮

な・な・なんと!!

déjà vu? www

www.kasabow.com

 

感動の再会です。

思わず、お得意の「寝そべり接写」です。(w

 

f:id:kasabow:20210420234938j:plain

 

f:id:kasabow:20210420235002j:plain

再び、旅の安全を祈願します。 

で、この鉄道神社の「祭神」は、なんと先ほど訪問してきた「住吉神社」から分霊しているそうです。なんだか、すごいですねぇ。

 

そして参道を戻っていると、同じ敷地内になにか別な祠(ほこら)がありました。

f:id:kasabow:20210420235029j:plain

 

f:id:kasabow:20210420235047j:plain

「ん? もしや!」

はい、大凡の皆様のご想像の通り、こちらも「籔内佐斗司」先生の作ですね。

 

実はこのお地蔵様、東日本大震災で大きな被害のあった「陸前高田」で、地元の方から「津波に流された7万本の松の流木を使い、仏像を制作し欲しい」との依頼を受けて作られたものだそうです。

とても感慨深いですね。(ー人ー)ナムナム

 

 

さて、九州を発つ前に良い神社を沢山巡れましたので、食事もいよいよ〆に入りましょう。

博多と言えば、かさぼぅ大好き「もつ鍋」の元祖ご当地ですよね。

これを食べなければ、罰が当たってしまいます。

 

ではでは、早速!

f:id:kasabow:20210420235111j:plain

お~、駅近で良さそうな店を見つけましたよ~!

ランチメニューがあるとは、ありがたいですねぇ。

迷った時は、「メニューの左上」がマイルールです(w

なんだか、豪華そうな内容ですね。

 

とりあえず準備が整うまで、早朝からの散歩で乾いた喉を潤しましょう!👍

f:id:kasabow:20210420235141j:plain

たまには少し贅沢を。

旅の時にはその土地に感謝を込めて、地元の経済に少しでも貢献しましょう。(笑 

 

f:id:kasabow:20210420235208j:plain

「馬刺し」が来ましたよ~。

うゎ~、イイ色! うっまそ~ ( ̄¬ ̄*)

 

でゎ、いっただっきまーす!!

 

「ぱくっ」

(@⌒~⌒@)もぐもぐ。

クゥーッ!! (肉)o(*>∀<)o(酒) ウンメェー!!

 

いや、まだメイン来てないけど(^^ゞ

f:id:kasabow:20210420235231j:plain

そうこうしているうちに、セットが揃いましたね。 

改めて、いただきま~す!!

 

f:id:kasabow:20210420235504j:plain

 

f:id:kasabow:20210420235523j:plain

・・・もう、言葉が出ませんね。

やっぱり本場のもつ鍋は、破壊力がすごいです。 

 

食べている間、ずっと一人でニヤニヤしてます。(←おまわりさんこのひとです

 

f:id:kasabow:20210420235544j:plain

麵が付いてるんです。

麵が付いてるんです。

 

ええ、大事なことなので2度言いました! 

う~、幸せ絶頂で食い倒れです。

 

ばりうまかー!!

「おごっつぉうさん」(ー人ー)

 

さて、ランチの後は素直に空港に向かいましょう。

f:id:kasabow:20210420235604j:plain

この頃は、普通に賑やかな空港ですね。

 

お土産買って帰らんくちゃな。 

さ~って、明太子・明太子(w

 

f:id:kasabow:20210420235624j:plain

チェックインまで、ちょっと一休み。

とっても綺麗で静かなラウンジでした。

 

f:id:kasabow:20210420235644j:plain

さてさて、とても名残惜しいのですが、帰ってまたお仕事しないと次の旅も行けないので、帰るとしますか。

 

f:id:kasabow:20210420235705j:plain

 

じゃ、また来るけんね~ (^_^)/~

ZZZzzz...

 

 

∑(゜д゜υ) 

f:id:kasabow:20210423205038j:plain

えっ、もう田園地帯!

あっという間に、新潟戻ったようですね。(w

 

f:id:kasabow:20210420235745j:plain

 何はともあれ、無事に九州旅から戻って来ました。

 

めっちゃ短期間の弾丸旅だったけど、何とか全県訪問できたし、本当に楽しかった~。

みんな優しいし、食べのも・飲み物も美味しいし、全てが新鮮な風景で、ホント良かったなぁ。そして、またゆっくり遊びに来たいな! 

 

 

・・・流石に九州〆の回だけあって、超~長くなったしまいましたね💦

え~、今回の「福岡編」はこの辺でお開きにしたいと思います。

 

本日も最後までお付き合いいただき、大変ありがとうございました。🍜🍲⛩✨

新潟ご当地グルメ:鯛茶漬け(中越:柏崎市)

皆さん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。

美食家ではありませんが、たまに「ご当地グルメ」ネタを書きます。かさぼぅです。(←インチキか?w

 

さて、久しぶりの「新潟ご当地グルメ」。

今回ご紹介するのは、この街からです。

えー、3つほどヒントを出してみましょう。

 1.「新潟三大花火」のある街

 2.「水球」の街

 3.洋菓子の「ブルボン」さんの本社がある街

そうです、柏崎市です!(←いや、このヒントで分からんだろ!

 

そんな柏崎市にも、有名なご当地グルメがあります。

それが「鯛茶漬け」です!

 

柏崎全体で推しているので色々なお店で食べることができるのですが、大きな街でもなく、意外とそのお店にたどり着くのに難易度が高そうです。(笑

その中では、多分初心者でも一番発見しやすいと思われる「鯛茶漬けポイント」をチョイスしてみました。

 

国道8号線を柏崎市街から富山・金沢方面に車で10分程。JR鯨波(くじらなみ)駅の近くにその場所はあります。

 

f:id:kasabow:20210418171019j:plain

この看板が目印です。

「メトロポリタン松島」さん。料理自慢の温泉旅館です。

 

f:id:kasabow:20210418171207j:plain

なんと日本海の夕日が見れる「天然温泉の展望露天風呂」があります。

そして、日帰り入浴も可能です。

旅館と言うより「ホテル」の佇まいですね。

海水浴場にも近いので、例年であれば夏場はかなりの集客かと思いますが、シーズオフはとても静かな場所です。

 

それでは早速!

f:id:kasabow:20210418171614j:plain

ホテルのロビーに入るや、いきなり盛り上がるビッグなオブジェがお出迎えです。(笑

 

2013年の「全国ご当地どんぶり選手権」で、ここ柏崎の鯛茶漬けがグランプリを獲得したことが切っ掛けで、不動の「代表ご当地グルメ」になりました。

 

f:id:kasabow:20210418171943j:plain

ホテルの中のレストランで食べられるみたいですね。

f:id:kasabow:20210418172026j:plain

至る所に「鯛茶漬け」のノボリが。(w

 

お店に入り早速注文です。

待っている間にポップを見ていると・・・。

f:id:kasabow:20210418172109j:plain

あー、こういうやつ見てると、欲しくなっちゃうんですよねぇ。買って帰ろうかな。(笑

 

 

そして、待つこと数分。

やって来ましたよ~!

f:id:kasabow:20210418172344j:plain

じゃじゃーん!! 「たいちゃづけ~」(←ドラえもん

 

 

f:id:kasabow:20210418172504j:plain

この陶器のポットに、出汁が入っているのですね。

ではでは、投入しましょう。

 

f:id:kasabow:20210418172602j:plain

おー、これはうまそうだ!!

大きな鯛の切り身炙り焼が、とてもイイ香り。(≧▽≦)

 

f:id:kasabow:20210418172832j:plain

鯛のほぐし身もふんだんに入っていて、岩海苔・ミツバ・トビっこ(トビウオの卵)かな?、彩りも良くて食欲をそそります。

 

f:id:kasabow:20210418173126j:plain

出汁はスッキリ系ですが、深い味わいで、優しく美味しい旨味が伝わります。

 

f:id:kasabow:20210418173256j:plain

どんぶりも深めで、結構お腹いっぱいになります。

実は初めて食べたのですが、思っていた以上に美味しくて大満足です!!

 

f:id:kasabow:20210418173449j:plain

ふー。余は満足じゃ!

では帰るぞ。(←独りでなw

 

 

f:id:kasabow:20210418173832j:plain

普段のお昼ご飯なら絶対にありえない4桁超えの贅沢なお昼ご飯でした。(^^ゞ

でも、この味とクオリティなら、「機会があれば再訪もアリだな」っと思いましたとさ。

 

お~しまい!

 

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!🍚✨