かさぼぅ 気ままな趣味ブログ

好きなこと・好きなものを、気ままにアップします

新潟ご当地グルメ:つかそば(上越市 直江津地区)

上越地区の出張に行く時、かなりの確率で訪問するお気に入りのお店。

お店の名前は「塚田そば」。通称=つかそば。

昭和の時代、上越地区最大のターミナル駅だった「直江津駅」で営業していた、いわゆる「駅なか蕎麦」のお店。

 

現在は、直江津駅から徒歩10分程の場所に移転していますが、昔から地元民に愛されていて、大半が常連さんと思われる老舗です。

私も身内に直江津人がいるので、昔から大好きなお店です。

 

で、「つかそば」の私のお決まりメニューは「天玉中華」。

f:id:kasabow:20200601212255j:plain

 

中華という名前の通り、麺に関してはいわゆる「中華麺」なのですが、スープが蕎麦出汁なのが、このお店最大の特徴です。(元来、お蕎麦屋さんですからね)

よく見ると麺が黄色なので、蕎麦ではなく中華麺とわかります。

これに、大きな「かき揚げ天ぷら」と「生卵」をトッピングで、「天玉中華」になります。

かなりディープなソウルフードなので、ご一見さんの方の好みが分かれると思いますが、私はこれを食べると、心も身体も落ち着きます。

(写真は、たまたま卵をトッピングしなかった「天ぷら中華」です)

 

ちなみに、普通のお蕎麦やうどん、おにぎり・カレーなどのメニューもありますが、いずれも令和のお値段ではなく、昭和のままの値段設定です。

(写真の天ぷら中華で、300円程度)

 

今時、駅の立ち食い蕎麦でも、このクオリティ&お値段はあり得ません。

このお店は、本当にこれからも末永く残って行ってほしいです。

そのためにも、また上越方面に出張にいったら、必ず訪問します!

 

というか、記事書いていたら本当に食べたくなってきた。。。(^^)