かさぼぅ 気ままな趣味ブログ

好きなこと・好きなものを、気ままにアップします

旅の思い出 秋田編

f:id:kasabow:20200603215535j:plain

なまはげ in 秋田駅コンコース

訪問時期は、2016年の冬です。かれこれ4年も前のお話です。

秋田も、見どころ沢山の楽しい地域です。

秋田駅に降り立てば、コンコース(通路)に「なまはげ」のお面があり、これだけで秋田に来たんだな!と、心躍ります。

 

秋田駅周辺を散歩したら、秋田 ”竿燈(かんとう)まつり” の資料館的施設があり、すかさず入館です。

f:id:kasabow:20200603220559j:plain

 

こんなに大きな提灯の竿(竿燈)を、一人で担いで観客を魅了するなんて、男前の祭りですね。

http://www.kantou.gr.jp/index.htm

青森の「ねぶた」同様、実際に訪問して観てみたいお祭りです!

(恰好いいとは、こういう時に使う言葉だと思います)

 

そして、秋田の次なる魅力は「男鹿半島」ですね。JR男鹿線なる、短い「盲腸線」があります。

盲腸線と言うのは、終点が他の路線に接続していない、特定区間のみを往来する路線です。

f:id:kasabow:20200603221441j:plain

JR男鹿線 気動車列車

ドアの配置が、完全に「急行型車両」です。塗装は独特ですね。

カッコいい!

 

秋田駅から1時間ほどの乗車区間だった気がします。

終点「男鹿」駅の周りを散歩していたら、「猫一族?」に遭遇。

思わず、スナップ写真を撮らせて頂きました。

f:id:kasabow:20200603221909j:plain

男鹿の猫一族

 

寒い季節だったこともありますが、密集するのは身内なのかな?

カメラを向けても全く動じることなく、ネコの自由さが自分自身のようで、なんか親近感を感じました。

 

f:id:kasabow:20200603222409j:plain

必殺「流し撮り

そして秋田にも、旅行好き(特に鉄道好き)には是非とも乗ってみてほしい、私鉄があります。その名も「 秋田内陸縦貫鉄道

鷹ノ巣駅からの乗車を待っているときに、たまたま通過した「特急つがる号」を撮影。

鉄道写真の応用編的な「流し撮り」が、ちょうど良くハマった感じです。

 

で、これが乗車目的だった「秋田内陸縦貫鉄道」の普通列車です。

f:id:kasabow:20200603223221j:plain

秋田内陸縦貫鉄道(普通)

いいですねー、単発です。(ディーゼル列車の一両編成)

道中の風景は、こんな感じです。

f:id:kasabow:20200603223646j:plain

雪国の単線って、風情ありますね。

 

 

場所は変わり、今度は「JR羽後本荘駅」を起点とする私鉄、「由利高原鉄道=ゆりてつ」です。こちらも、ディーゼル客車の短編成(時に重連:二両編成)が基本です。

f:id:kasabow:20200603223818j:plain

通称「ゆりてつ」のラッピング列車

車両のラッピングも可愛らしいのですが(私はアニメ系を知らないので松山せいじさんを存じ上げません・・汗)、なんといってもこのような地方私鉄ローカル線には珍く、専任のアテンダントさんが乗車されています。

 

秋田美人で優しくて、私のような怪しい旅行者でも、快く記念撮影をさせてくださいました。

f:id:kasabow:20200603224732j:plain

ゆりてつ のアテンダントさん

当然、ゆりてつグッズも、購入しましたよ。

 

そういえば、ゆりてつの終点「矢島(やしま)駅」で観光大使?をされていた「まつこ姉さん」は、ご健在なのかなぁ。

また、会いに行きたいです!